猫にとっては危険!?きれいな花には毒がある☠

 

 

お花ってきれいですよね✨

 

お部屋に飾るだけで、一気に華やかな空間にワンランクアップ(*^^*)

癒し効果もあるのだ🌺

 

関連記事【スコちゃんとお花🌺

 

お部屋に花を飾るとき気をつけないといけないこと・・・

それは、ネコ様にとって危険なお花が存在すること!!

 

ネコ様は肉食動物

そのため、植物を食べてしまうと成分が肝臓に蓄積しやすく、中毒に陥りやすい。

食べるだけでなく、匂い皮膚に付着するだけで中毒になることも💦

 

愛猫が部屋に飾ったお花をパクリと食べる前に・・・

ネコ様にとって危険なお花かどうか、チェックしよう(=゚ω゚)ノ

 




 

危険な花

 

 

ネコ様にとって危険な植物700種類以上!!

 

すべてを覚えるのは難しいので・・・

特に毒性が強いもの、公園・住宅の庭お部屋に飾る花などをピックアップ(^^)/

 

ピックアップしたお花で、

  • ユリ
  • チューリップ
  • ヒヤシンス
  • カスミソウ
  • ポインセチア
  • シクラメン
  • ツツジ
  • アジサイ

8種類要注意!!

特にユリ科ユリチューリップヒヤシンスは、花粉を吸っただけでも命にかかわる危険な花だ。

 

ユリ

 

 

ユリ (百合) は、ユリ科ユリ属の総称。

症状:嘔吐下痢元気消失脱水症状腎不全皮膚炎心臓麻痺など。

 

花粉を吸ったり、少し食べただけでも命にかかわる危険な花

有効な治療法はなく、死に至る場合もある。

 

チューリップ

 

 

チューリップは、ユリ科チューリップ属の総称。

症状:嘔吐下痢元気消失脱水症状腎不全皮膚炎心臓麻痺など。

 

花粉を吸ったり、少し食べただけでも命にかかわる危険な花

ユリと同じく、有効な治療法はなく、死に至る場合もある。

 

ヒヤシンス

 

 

ヒヤシンスは、キジカクシ科ヒヤシンス属の総称。

症状:嘔吐下痢元気消失脱水症状腎不全皮膚炎心臓麻痺など。

 

花粉を吸ったり、少し食べただけでも命にかかわる危険な花

ユリ、チューリップと同じく、有効な治療法はなく、死に至る場合もある。

 

カスミソウ

 

 

カスミソウ (かすみ草) は、ナデシコ科カスミソウ属の総称。

症状:嘔吐下痢皮膚炎など。

 

花束のメインや脇役にもなり、ブーケにも使用される人気の花。

カスミソウを好んで食べる猫も多いので注意

 

ポインセチア

 

 

ポインセチアは、トウダイグサ科トウダイグサ属の総称。

症状:嘔吐下痢皮膚炎など。

 

クリスマスシーズンを盛り上げてくれる花。

 

シクラメン

 

 

シクラメンは、サクラソウ科シクラメン属の総称。

症状:嘔吐下痢胃腸炎皮膚炎など。

 

フラワーギフトとして、人気のシクラメン。

 

ツツジ

 

 

ツツジ (躑躅) は、ツツジ科ツツジ属の総称。

症状:嘔吐下痢視力低下筋力低下不整脈昏睡など。

 

街路や公園、住宅の庭など、初夏に咲く花。

 

アジサイ

 

 

アジサイ (紫陽花) は、アジサイ科アジサイ属の総称。

症状:嘔吐下痢呼吸麻痺痙攣昏睡など。

 

初夏に咲くアジサイ。

色も形もバリエーション豊か。

 

この8種類以外にも、猫にとって危険な花はたくさんある

愛猫を守るためにも、部屋にはお花を置いたり飾ったりしないのが一番いい方法だ(=゚ω゚)ノ

 

危険な花を食べてしまったら

 

 

愛猫が危険な花食べてしまった接触した場合、すぐに動物病院を受診しよう。

 

たとえ

  • 症状が出ていない
  • 少量摂取

だからといって、自己判断しないで獣医師に相談しよう。

動物病院で処置が早ければ早いほど、助かる可能性も上がるのだ。

 

摂取した量にもよるが、植物によっては死に至る場合もある。

 

安全な花

 

 

猫にとって危険な花はたくさんあるが・・・

もちろん、安全な花もある。

 

安全は花はいくつかあるが、その中で公園・住宅の庭お部屋に飾る花などをピックアップ(^^)/

 

ピックアップしたお花は、

  • バラ
  • ガーベラ
  • コチョウラン
  • ホウセンカ
  • キンレンカ

5種類!!

このお花であれば、お部屋に飾ることもできるし、家の庭で育てることもできるのだ(=゚ω゚)ノ

 

バラ

 

 

バラ (薔薇) は、バラ科バラ属の総称。

 

華やかな見た目と香りが特徴。

色や種類もバリエーション豊か。

 

ガーベラ

 

 

ガーベラは、キク科ガーベラ属の総称。

 

花束やブーケ、切り花で人気のあるガーベラ。

開花時期は1年通して2回あり、春と秋に咲く。

 

コチョウラン

 

 

コチョウラン (胡蝶蘭) は、ラン科コチョウラン属の総称。

 

何輪もの花が一気に咲く。

状態が良いと2~3ヶ月以上花が落ちずに咲き、長い間楽しむことができる。

 

ホウセンカ

 

 

ホウセンカ (鳳仙花) は、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の総称。

 

小学校の時に教材として、種から育てたイメージがあるホウセンカ。

簡単に育てられ、夏に咲く花。

 

キンレンカ

 

 

キンレンカ (金蓮花, ナスタチウム) は、ノウゼンハレン科ノウゼンハレン属の総称。

 

葉、花を食べることができ、ハーブ、食用花として利用される夏の花。

葉はピリッとする辛さがある。

 

これらのお花は、庭で育てたり、お部屋に飾るのには問題ない。

猫がパクリと食べた場合食べ過ぎにはご用心!!

 

おわりに

 

以上、「猫にとっては危険!?きれいな花には毒がある☠」でした(*^^*)

 

ネコ様を飼っているからといって、部屋に花を飾れないわけではありません!!

ネコ様の安全を守るため、花を飾る前に危険な花でないかを確認しましょう。

 

今日も最後までありがとうございました✨

 

現在、公式ラインではネコ様の飼育に関する情報を発信しています。

タイムリーに役立つ情報をゲットできるので、ライン登録もよろしくにゃん🐾

 

それでは、またにゃ~ฅ⊱*•ω•*⊰ฅ

 

 

ブログ資産化ゼミ

ゼミに参加して自分のサイトを作り、ブログを書こう!!
もちろん、猫ブログを作りたい方も大歓迎✨

疑問点などは、企画者「とみます」やゼミ生がサポート。
お互いに切磋琢磨して、ブログスキルを身につけよう(●ↀωↀ●)✧
スコちゃんもメンバーにいるよฅ*•ω•*ฅ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です