十二支に猫がいない理由とは🐾

 

2018年が始まったよ!!

 

 

今年は戌年

子、丑、寅、卯、辰、巳・・・って数えると、十二支11番目に当たるのだ(*^^*)

 

この十二支だけど、猫好きの人からすると、納得いかない!!

犬はいるのにがいないなんて💦・・・

 

でも、なぜ猫は十二支に入れなかったの?

十二支について、まとめたよ~(=゚ω゚)ノ

 




 

十二支とは

 

十二支とは、

」の12種類総称

ちなみに、十二支干支違う💦

 

」の12動物をあてたものは、十二生肖じゅうにせいしょうまたは十二属相じゅうにぞくしょうという。

 

 

十二支の始まりは、中国「殷」の時代 (紀元前1400年頃)。

黄道上を約12年周期で移動する木星 (歳星さいせい) の位置を、12分割して「」を数える数詞が考案された。

そして、その12方角に分けて名前をつけ、1年12ヶ月の暦を表したのが十二支

 

紀元前200年頃になると、暦を国民にも覚えやすくするために、十二支動物名を用いて区別し、広げられた。

日本で最も古い歴史書である「日本書紀」によると、日本には西暦553年頃に伝わってきたと記されている。

 

十干とは

 

十干じっかんとは、「日 (太陽のめぐり) 」を数えるための数詞

1ヶ月を上旬、中旬、下旬と十日ずつに分けた、その十日単位にしたものである。

十干きのえきのとひのえひのとつちのえつちのとかのえかのとみずのえみずのと

 

干支とは

 

干支とは、十干じっかん十二支を組み合わせた60を周期とする数詞

年月日 (干支カレンダー) 、時刻方位を示すのに用いられる。

 

干支60周期は、このようになる↓↓

 

ちなみに、人の年齢で60歳になると「還暦」を迎える。

これは、「干支が一巡し誕生年の干支に還る」ということで還暦を祝うのだ。

 

干支カレンダーは、こちらのサイトで調べることができる↓↓

ke!san:干支カレンダー

 

自分の生まれた日を調べてみよう!!

スコちゃんの生まれた日を干支カレンダーで調べてみたよ(=゚ω゚)ノ

2015年9月20日生まれなので、

  • 干支:己亥
  • 干支:乙酉
  • 干支:乙未

ってことで、スコちゃんは未年!!

 

だから、毛がもふもふしているのかな??

特に、お腹あたりの毛がカールしてる(*^^*)

 

 

十二支に猫がいない理由

 

十二支に猫がいない理由は諸説あり、

  • 神様の元へ競争 (日本のおとぎ話)
  • お釈迦さまの元へ競争
  • 猫のせいでお釈迦さまが亡くなった
  • 猫が中国にいなかった

4つの説がある。

 

神様の元へ競争 (日本のおとぎ話) 説

 

福島県発祥のおとぎ話。

この説は、日本特有のもの。

 

昔々のお話。

神様が動物たちに言った。

1月1日、ワシの所に来なさい。

12番目までにやってきた動物を1年交代で、その年のとしよう」

 

ところが、は集まる日を忘れたので、友達のに聞いた。

鼠はを教えた。

猫は鼠を信じて、出発する時間までゆっくり寝ることにした。

 

は足が遅いので、大晦日の夜に神様の元へ出発。

その動きを見ていたは、こっそり牛の背中乗った

神様が待つ門の前に着くと、よりも先に門をくぐった

 

夜明け前になると、他の動物たちが神様の元へ出発した。

 

 

は跳ね、は猛スピードでダッシュ💨

 

 

は空を飛び、いつも早起きのは、油断して朝寝坊してしまう。

 

 

は途中まで仲良く走っていたが、互いに負けまいと意地になり競争、とうとう喧嘩してしまう。

仲裁しながら、神様の元に辿り着く。

 

動物たちは、どんどん神様の元へ辿り着き、順位が決まった。

十二支は、

の順番に決まった。

 

そして翌日、2日朝一番に神様の元へ訪れた

「もうとっくに終わっているぞ。

寝ぼけているのか?顔を洗ってこい!」

神様怒られ十二支入ることができなかった

 

騙されたことに気付き、怒った

それ以来、を見ると追いかけるようになった。

 

お釈迦さまの元へ競争説

 

ブッタの遺言集である経典「大般涅槃経だいはつねはんぎょう」にまつわるお話。

日本のおとぎ話 (神様の元へ競争説) と若干類似している。

 

お釈迦さま死の床に伏せっているとき。

世界中の弟子や動物たちまでが、お釈迦さまの元へ駆けつけようとした。

そして、お釈迦さまは動物たちに、

私の元に辿り着いた順に十二支としよう」と言う。

 

多くの動物がお釈迦さまの元を目指す中、涅槃 (お釈迦さまの死) の日を教える。

 

その結果、猫だけ遅れてお釈迦さまの元に到着してしまう。

すでに、お釈迦さま亡くなっていた (涅槃) ので、十二支入れなかった

 

騙されたことに気付き、怒った

それ以来、を見ると追いかけるようになった。

 

この様子は、釈迦涅槃図しゃかねはんずにも描かれている。

猫は涅槃に遅れたため、釈迦涅槃図には猫の姿描かれていないことが多い

 

・岐阜・少林寺蔵 (猫が描かれていない涅槃図)

↑【WEB版 絵解き涅槃図 (岐阜・少林寺蔵) 】参考

 

・三重・中山寺蔵 (猫が描かれている涅槃図)

↑【WEB版 絵解き涅槃図 (三重・中山寺蔵) 】参考

 

猫のせいでお釈迦さまが亡くなった説

 

ブッタの遺言集である経典「大般涅槃経だいはつねはんぎょう」にまつわるお話。

 

お釈迦さま80歳のとき。

食べたきのこ料理に毒キノコが入っており、食中毒を起こし体調を崩してしまう。

 

そこでお釈迦さまは、食中毒に効く薬 (たぶん生姜) を取りに行くように命じる。

 

しかし、道中で遭遇

好奇心旺盛は、小さい鼠を追い回して食べてしまう

 

お釈迦さまは、薬を飲めずに、そのまま亡くなってしまう

 

猫が中国にいなかった説

 

十二支ができたとき、中国いなかった

  • 十二支の誕生:紀元前1400年頃
  • 中国が生息:紀元前200年頃から

 

はもともとエジプトの動物。

エジプトを征服した古代ローマは、インドや中国とも貿易を行うようになった。

害獣駆除役として商船に乗り込み、行く先々で広がっていった

 

十二支があるのは、日本だけでない!!

 

十二支は日本だけでなく、アジアヨーロッパロシア圏にもある。

が、日本の十二支とは異なり、国によって別の動物名を使っているところもある。

 

十二支を使う国は、使い始めた中国が、シルクロードを通じて多くの国と貿易があったこと。

それと、「モンゴル帝国」の範疇に入っていた国の影響が大きい。

 

モンゴル帝国

 

チンギス・ハンが1206年に創設した遊牧国家。

東は中国北部から西は西アジア、ロシアにわたる大帝国を築いた。

征服により拡大し、元と4ハン国に発展する。

  • 元 (吐蕃含む)
  • チャガタイ・ハン国
  • オゴタイ・ハン国
  • キャプチャク・ハン国
  • イル・ハン国

 

十二支に猫が入っている国がある!!世界の十二支

 

十二支の動物名は、によって微妙に異なる

なので、日本の12種類以外の動物名もあるのだ。

 

どんな動物名があるのか、

世界の十二支の動物名 (十二生肖) を調べたよ!!(=゚ω゚)ノ

 

 

十二支の動物名に猫がある国は、

  • ベトナム
  • ベラルーシ
  • ブルガリア
  • チベット

4カ国

の代わりにが使われており、猫年が存在するのだ!!

いいな~、羨ましい・・・(ノω<。)

 

日本以外は、猪ではなく

ベトナムは牛ではなく水牛、モンゴルでは虎ではなくなど・・・

国に馴染み深い動物が使われているのだ!!

 

もしかしたら、あなたは海外では○○年かも??

 

 

おわりに

 

以上、「十二支に猫がいない理由とは🐾」でした(*^^*)

 

十二支にネコ様がいない理由は、いろいろあるんだね💦

ほんと、猫年がある4カ国は羨ましい(´;ω;`)

 

まぁ、どんな十二支でも・・・

私は毎年、猫年にしちゃうにゃんฅ*•ω•*ฅ♡

年賀状をにゃん賀状にしたりしてね(●ↀωↀ●)✧

 

 

今日も最後までありがとうございました✨

 

現在、公式ラインではネコ様の飼育に関する情報を発信しています。

 

タイムリーに役立つ情報をゲットできるので、ライン登録もよろしくにゃん🐾

 

ブログ資産化ゼミ

ゼミに参加して自分のサイトを作り、ブログを書こう!!
もちろん、猫ブログを作りたい方も大歓迎✨

疑問点などは、企画者「とみます」やゼミ生がサポート。
お互いに切磋琢磨して、ブログスキルを身につけよう(●ↀωↀ●)✧
スコちゃんもメンバーにいるよฅ*•ω•*ฅ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です